本山茶産地

      本山茶産地の土と水から

およそ800年の歴史を継ぐ本山茶産地は、静岡市安倍川上流域にあります。山のもたらす滋養分と、安倍川から湧き出る「南アルプスの伏流水と山霧」が、平野のお茶とは異なる透き通るような爽やかな香りと深い滋味を生み出します。
私たちがお届けするのは、この「奥深き山河の恵み」を存分にたたえる味と香りです。茶の真髄がここにあると信じて私たちは本山茶をお届けします。

本山茶産地の歴史の始まりは、安倍川上流足久保(あしくぼ)の地に端を発します。今から800年の昔(鎌倉時代)に生まれた静岡出身の高僧・聖一国師が、中国から持ち帰った茶の種をこの地に蒔いたと伝えられています。
それが静岡県のお茶史の始まりとなります。当時はお茶は薬と考えられていて庶民には手の届かない貴重品だったようです。
江戸時代になると、徳川家康公御用達に選らばれたことで、全国的に有名になりました。本山茶は、山間地茶独特の上品で爽やかな香りが高く、味はこくがあり、上級茶として代々徳川将軍家にも、愛用されました。大正期に入ると弊社海野金次郎が、安倍茶の中でも特に安倍川中、上流域のお茶を本家本元のお茶という意味を込め本山茶として販売拡大に尽力致しました。昭和5年には茶業年鑑に本山銘茶問屋として本山茶を掲載しております。その当時、本山茶を積極的にアピールしいている茶商はほとんどありませんでした。


トップページに戻る
Copyright(C)2007 Honyama-seicha.All Rights Reserved